更地の土地買取について

土地買取の注意点

土地買取の注意点
土地買取において、その売却費用や価値に大きな違いが出るのが、その土地に空き家がついているか、それとも更地なのかという点です。
もちろん売却する時の価値の計算は、業者によって若干の差は出ますが、基本的に土地買取における価値の算出方法は、どの業者もほとんど変わらないでしょう。
基本的には空き家がついている不動産の場合、その空き家に住むことができれば、価値があるとされます。
しかし、人が住めるような状態ではない場合には、一旦更地にして家を立て直す必要があります。
そのような家がついた状態で土地を売却する際には、その分価値が下がってしまうということにもなるのです。
土地買取において、どちらが良いのか知っておきましょう。

家はあるほうがいいのか、更地がいいのか

家はあるほうがいいのか、更地がいいのか
土地買取を行う場合には、家があるからといって高額で売却できるとはかぎりません。
その家の状態を確認し、資産価値を有する物件なのか、正確な判断をする必要があるでしょう。
更地にした状態で売却する場合には、業者によって、100万円以上の高値がつくケースもあります。
家が建っている土地では、解体する費用がかかることがありますが、更地にして売却する時の価値を考えると、家を解体する費用を払ってでも、更地にして売却した方が高値で売れることもあるのです。
こうした細かな点は、立地状況や周辺の土地の価格などによっても大きく異なりますので、業者にしっかりと確認することにしましょう。
土地買取をする際には、更地になっている土地であることを、一つの条件としても良いかもしれません。
空き家がついていたとしても、その土地にそれなりの価値があるのであれば、十分利益となる可能性はあります。
しかし、基本的には更地の状態で土地買取をした方が、その後の土地の使用に関する自由度が上がりますので、その後の手続きもスムーズになると言えます。
土地の利用目的がはっきりしているなら、業者に詳細を伝えて土地買取を行うようにしましょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.