孤独死した物件の土地買取

土地買取の場合、孤独死物件は売れるのか

土地買取の場合、孤独死物件は売れるのか
高齢化が進み孤独死も社会問題になっています。
高齢者の一人暮らしが増え、突然の病気で孤独死された家族がいる人もいるでしょう。
土地買取を行う業者は、孤独死が起こった物件でも土地買取を行うのでしょうか。
孤独死があった土地買取をするか、しないかは業者によって異なります。
孤独死である物件の土地買取を行う場合には、本来の相場よりも3割ほど安く買い取られるケースが多いです。
土地買取を行う業者は、孤独死で価値が下がった土地に対しても、様々な方法で活用できるノウハウを持ってます。
例えば、住宅としてではなく、太陽光発電の業者は、立地や条件が悪くても、広大な土地を探し求めています。
そのような業者は過去に孤独死があった土地だとしても、広く平坦な土地であれさえすれば、収益性があるので、買取ることもあるのです。

孤独死の土地買取は申告が必要

孤独死の土地買取は申告が必要
土地買取をするときには、できるだけ高く買取をしてもらいたいと考えますが、孤独死があった土地の買取は通常の土地買取とは違うので、気をつけることを知っておきましょう。
孤独死した土地買取では、家自体がまだ使える場合でも、孤独死した場所がどこであるかが大きく影響します。
また、亡くなった状況によっては住み続けることが難しいケースや、亡くなったことを気付いてもらうまでに日数が経ちすぎている場合など、遺体の損傷具合によっては、孤独死物件ではなく、事故物件として扱われてしまう場合もあるのです。
孤独死した物件であることを黙って売却してしまうと、後々大きなトラブルにもなりかねないので注意が必要です。
事前に孤独死物件であることを伝え、トラブルを回避するようにしましょう。
孤独死の申告をせず土地買取が成立したケースでは、場合によって損害賠償請求をされてしまう可能性もあります。
どこまでの申告の義務があり、必要なのかは、行政や専門家に相談した上で判断すると良いでしょう。
また、孤独死をした土地や物件を専門に土地買取を行う業者もいます。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.