買い手がいない既存不適格物件の土地買取

既存不適格物件とは

土地買取の注意点
既存不適格物件という言葉を聞いたことがない方も多いかもしれません。
土地買取を行う上で、既存不適格物件のことを知っておきましょう。
既存不適格物件とは、時代の変化で法改正や都市計画変更などにより、規制に適合しなくなった物件を指します。
既存不適格物件は、確認申請せずに勝手に建てたり、増築をしたりした違反建造物とは異なるのです。
例えば、接道義務違反、容積率・建蔽率オーバー、市街化調整区域内に指定された場合などが、不適格要因にあたります。
建てられた時には、法令の基準はクリアしていた物件のため、そのまま住み続けていましたが、建て替えなどをする場合に大きな問題となるケースが多いです。
建替えの際は、同じような建物は建築できませんので、現行法に適合した建物に建替える必要があります。

既存不適格物件は不動産業者に委託しよう

既存不適格物件は不動産業者に委託しよう
既存不適格物件の土地買取はしてもらえるのでしょうか。
土地買取を行っている不動産業者は、既存不適格物件であったとしても、活用していく様々なノウハウを持っています。
そのため、既存不適格物件にも価値を見いだし、土地買取を行っている業者も多いです。
とりわけ東京都内では既存不適格物件が非常に多く、一戸建てだけでなく旧耐震基準のマンションなども多く含まれます。
既存不適格物件を建て替える場合には、既存の建物を建て替えると、面積が今よりかなり小さくなってしまうなどの問題がおこるのです。
このようなケースは、法令の基準に合うように建て替えをするのではなく、土地買取を行う不動産業者に相談した方がより賢く土地を利用することができるかもしれません。
既存不適格物件を売却する場合には、どのような物件か、また接道状況などを含め土地の状況はどのようなものか、周辺エリアの土地開発などが加味されます。
買い手がいない既存不適格物件に困っている人は、不動産業者に依頼して土地買取をしてもらうのも、選択肢の一つになるでしょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.