バイオマス発電におけるカーボンニュートラルとは

カーボンニュートラルとは

カーボンニュートラルとは
バイオマス発電は地球温暖化のことを考えた、環境に優しい発電方法です。
そして、バイオマス発電はカーボンニュートラルという考え方で、稼働しています。
バイオマス発電は植物由来の資源を燃やしており、植物を燃やすと二酸化炭素が発生しますが、発生した二酸化炭素をその後に資源となる植物や、自然を保つために循環することがカーボンニュートラルです。
燃やすことで発生した二酸化炭素を、植物の成長に役立てることで、二酸化炭素のバランスをゼロにする考え方になります。

環境を取り戻すためのカーボンニュートラル

環境を取り戻すためのカーボンニュートラル
現在、多くの発電施設は化石燃料を多く使用しており、化石燃料には限りがあります。
また、限りがあるだけでなく、環境問題を深刻化させる大気汚染も問題視されているのです。
環境が汚染されると生態系のバランスが崩れたり、気候変動が起こったりします。
そのようなことを減らすために、カーボンニュートラルという考え方の元、バイオマス発電が開発されました。
カーボンニュートラルは、バイオマス発電で炭素が燃やされ発生した二酸化炭素を、資源の元となる植物が吸収し成長することで、二酸化炭素の量を増やさないという考え方です。
しかし、カーボンニュートラルの考え方があるからといって、ただバイオマス発電を行っていてはバランスがとれません。
バイオマス発電によって排出されている二酸化炭素と、植物が吸収するスピードを同じようにしなければならないのです。
そして、第一世代バイオ燃料と呼ばれる燃料を作るために、無闇に森林が伐採されても意味がなく、今後バイオマス発電資源を専門で作る土地や、転換がしにくいセルロース系の資源を利用する第二世代のバイオ燃料が必要となります。
また、小規模でカーボンニュートラルのバランスがとれるように、地域ごとにバイオマス発電を行えるようにしたり、廃食用油なども資源として使用したりすることが大切です。
カーボンニュートラルのバランスを保つことで環境保全にも繋がるでしょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.