中古マンションの土地買取について

中古マンションや土地を手放す際の業者選びのポイント

中古マンションや土地を手放す際の業者選びのポイント
中古マンションや土地の買取を検討している人もいるのではないでしょうか。
中古マンションや土地買取には宅地建物取引業法や相続税、固定資産税などの専門的な知識が必要です。
初めて中古マンションや土地を手放そうとしている人は、トラブルに巻き込まれないように、納得の価格で買取ってもらう方法を知っておきましょう。
まず、はじめに知っておきたいのが中古マンションの売り手についてです。
中古マンションの売り手は買取業者と売却業者の2つがあります。
買取業者の売り手は開発・建設・投資業者です。
使われていない土地や、不要になった建物等を仕入れ、独自に加工した上で再販売を行う業者になります。
売却業者の売り手は個人です。
仲介業者が間に入り、物件購入へ向けたサポートを行います
買取業者であるか、売却業者であるかを確認する方法は、仲介や媒介契約といったキーワードが出てくるかどうかです。
買取業者は売り主から手数料を取ることはないため、受け取った書類の中に仲介手数料やコンサルティング料の項目がある場合は売却業者だと判断することができます。

売却よりも買取がおすすめ

売却よりも買取がおすすめ
買取業者は売り手が業者や企業になるので、幅広く様々な中古マンションや土地買取を行います。
個人では需要がないような土地でも、利益を生みだしそうな物件を常に探し求めているのです。
土地買取に積極的な業者は価格交渉を通してお互いの妥協点を見出しやすく、自分の決めた金額や良い成約が得られやすいといったメリットがあります。
売却業者は、いつ売れるかわからない、たくさんの購入希望者が土地を見に来る、手数料がかかるなど成約するために数ヶ月かかるものです。
また、マンションデベロッパーと呼ばれる業者は、主に土地に新しくマンションを建てる業務をしており、中古マンションの部屋ではなく土地買取を行う会社です。
中古マンションと土地どちらも買取を検討している場合は、業者選びに注意してください。
自分のニーズにしっかりと応えてくれる業者を選ぶことが、売買トラブルを防ぐポイントです。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.