借地権・底地権のついた土地買取について

借地権と底地権について

借地権と底地権について
土地を手放す際、借地権や底地権のついた土地は、売却しにくいと感じるでしょう。
借地権には、借地借家法に基づく借地権と民法上の借地権があります。
借地借家法に基づく借地権は、第三者の土地を借りて、その土地に自己所有の建物を建てられる権利です。
土地の賃借権、地上権が一般的な借地権といい、地主に対して借地権者は毎月地代を支払っているでしょう。
一方、民法上の借地権は建物所有を目的としていない土地の賃借地です。
駐車場や資材置き場が該当し、民法の規定が適用されます。
借地権にも旧法借地権と新法借地権の2つがあり、意味合いも異なってきます。
旧借地権は、借地権者側の立場を守る意味合いが強く、地主との間にトラブルが発生しやすく、借地権の取引が少なくなってきたため、双方のために改正したのが新法です。
底地権は、土地の所有権のことです。
賃借権や地上権などの権利がついている土地のことを底地といい、地主が土地を貸しており、借地人がその土地に建物を建てたり、転賃したりしている場合が多いでしょう。
土地の所有者は地主ですが、土地を借りている人がいる限り、借地権を無視して土地を利用することができません。
その地主が土地を貸している権利を底地権といいますが、底地だけでは所有権と比較して、価値が下がり、借地権がついていることで権利が制限されてしまいます。
借地権や底地権のついている土地買取はとても複雑です。

土地買取のポイント

土地買取のポイント
借地権や底地権のついた土地買取は、地主との信頼関係がポイントになります。
さらに、土地買取業者選びもポイントです。
どの業者でも扱える土地ではないため、借地権や底地権の扱いを得意としている土地買取業者に相談しましょう。
地主と借地権者の間で話を進めると、トラブルを招く可能性があるため、土地買取業者に意見を仰ぐことをおすすめします。
借地権や底地権のついた土地は、借地権者にとって不都合なことが多いです。
土地買取に関しても、たくさんの借地権者が悩みを抱えているのが現状ですが、土地買取業者が加わると、中立な意見を聞くことができ、より有利な交渉を進めることができるでしょう。
土地買取がしにくい土地は、専門業者に相談してみてはいかがでしょうか。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.