バイオマス発電の投資について

バイオマス発電の投資を行う前に知っておきたいこと

バイオマス発電の投資を行う前に知っておきたいこと
バイオマス発電の投資を検討している人もいるのではないでしょうか。
資源の乏しい日本では、再生可能エネルギーを活用した発電が話題を集めています。
その中でもバイオマス発電が高い注目を浴びています。
バイオマス発電の利回りは最大13〜14%だとされており、投資家からの期待も高いです。
しかし、バイオマス発電の投資は注意しなければならないことがあります。
それは、リスクです。
長期的な運用にはリスクが伴います。
廃棄物を活用して発電するため、バイオマス発電を長期的に運用するには、廃棄物を常に確保しれなければなりません。
廃棄物を十分に確保できなかった場合、収益性が落ちてしまうでしょう。
バイオマス発電の投資家はもちろん、業者との間でも廃棄物の奪い合いが生じ、収益を不安的にさせる大きなリスクとなります。
リスクを理解した上でバイオマス発電の投資を行うことが大切です。

バイオマス発電で元をとるためには

バイオマス発電で元をとるためには
バイオマス発電の中でも最も高い買取価格は年間2000kW以下の発電で、1kWhあたり40円の単価と設定されており、20年間の買取期間が保証されています。
他の再生可能エネルギー投資と同様に20年間投資を継続すると初期費用やランニングコストの元が取れるように感じるでしょう。
しかし、バイオマス発電の投資家が増えると燃料となるバイオマスそのものが手に入りにくくなります。
そのため、できるだけ安い発電設備を導入して少しでも早く元を取れるように設定することがポイントです。
バイオマスの確保が年々難しくなると言われており、設備投資にかかる費用が高くなれば、初期費用を回収する時期が遅れてしまうでしょう。
バイオマス発電の初期費用は、日本製の設備を購入した場合、1kWあたりの設備単価が100万円ほどかかります。
買取単価の最高値である1kWhあたり40円で売電するには、2000kW未満に抑えなければなりません。
2000kW未満に抑えることができれば、1kWhあたり40円の買取単価になるため、出力を小さくするとさらに設置費用が安くなるでしょう。
バイオマス発電の投資を検討している人は、特徴を理解することが必要です。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.