バイオマス発電とバイオガス発電の違い

バイオマス発電とバイオガス発電の違いを知ろう

バイオマス発電とバイオガス発電の違いを知ろう
バイオマス発電とバイオガス発電の違いがよくわからないという人も多いのではないでしょうか。
名前が似ているので、混同されやすいですが、発電方法が違います。
バイオマス発電は、一般的にボイラーにバイオマス燃料を燃焼することで高圧の蒸気を発生させ、その蒸気を使ってタービンを回転させます。
そして、電動機を介して電力発電を行うシステムです。
燃料は間伐材や廃材などの木材、カロリーを含む廃棄物などです。
バイオマス発電のポイントは、発電量が安定しているが挙げられます。
原料によって発熱量が異なるため、含水率を下げると安定するでしょう。
たとえば、乾燥させたりペレット化を行って含水率を下げます。
また、バイオマス発電を成功させるポイントは、燃料の質、量、価格の3つを安定して調達することです。
バイオマス発電の最大のメリットは、カーボンニュートラルではないでしょうか。
排出される二酸化炭素の量と吸収させる二酸化炭素の量が同じなのです。
地球に優しいバイオマス発電を検討してみてください。

バイオガス発電の特徴

バイオガス発電の特徴
バイオガス発電は、家畜の糞尿や食品廃棄物、下水道や汚水などの有機系廃棄物を発酵させて可燃性のバイオガスを発生させ、ガスエンジン発電機を回すシステムです。
バイオマス発電と同様に、燃料の安定調達がポイントになります。
また、もう1つのポイントは、バイオガスと一緒に生成される液肥の活用先の確保です。
液肥の活用先がなければ、浄化して放流しなければなりません。
そのための費用がかかり、稼働させるコストが高くなってしまうのです。
バイオマス発電とバイオガス発電はどちらも安定性や発電効率が高いです。
しかし、導入コストや維持コストに違いがあります。
バイオガス発電の方がコストが低い傾向にあります。
その理由は、プラント設備の構造がバイオガス発電の方がシンプルで、メンテナンスもしやすいからです。
認知度はバイオマス発電の方が高いでしょう。
地域環境に優しいとされる再生可能エネルギーであるため、近年注目を集めているからです。
今後、技術が発達することや、バイオマス発電が主流になり需要が伸びることでコストダウンができるようになるのではないでしょうか。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.