土地買取によるメリットとは

不要な土地はどう処分する?

不要な土地はどう処分する?
土地を処分する際は、「土地買取」と「土地売却」の2種類があります。
土地買取は買取業者によって行われますが、売却は仲介業者です。
土地売却は不動産仲介業者が様々なメディアを活用して宣伝を行い、個人や企業の買い手を探します。
一方、土地買取の場合は不動産業者に直接土地を売ります。
土地売却のように宣伝を行いません。
基本的には業者との価格交渉がメインとなります。
それぞれにメリットとデメリットがあるあため、特徴を理解した上で適切な方法を選ぶことが大切です。
土地売却のメリットは、売却額が自分で決めることが可能であるということが挙げられます。
また、様々な人に土地の存在を知ってもらうことが可能です。
デメリットは、仲介手数料がかかることや、たくさんの購入希望者が土地を見に来る、いつ売却できるかわからないことです。
立地や金額によっては購入者が現れないことがあり、何度も広告を出さなければならないでしょう。

土地買取の特徴

土地買取の特徴
土地買取のメリットは、購入者を早く探せることです。
できるだけ早く土地を手放したいという人には土地買取がオススメです。
買取に積極的な業者は価格交渉を通してお互いの妥協点を見出しやすいため、決めた金額でしか売却できない土地売却よりも良い成約が得られやすいです。
また、要望も伝えやすいため個人に土地を売る売却と比べてスピーディーな現金化ができます。
また、自分と業者だけで手続きを進めて行くため土地を手放すことを周囲に隠せることもメリットです。
広すぎる土地でも買取が成功しやすいでしょう。
業者は商業施設やマンションなどの建設といった用途で広い土地を買い求める傾向があります。
広すぎて困る土地も、買取であれば成功する可能性が高いです。
土地買取業者の多くは、近くに工場があるなどの欠点がある土地の扱いにも慣れています。
そのため、個人に売却するよりもトラブルが発生しにくいです。
デメリットは金額が低くなる可能性があることです。
早く土地を手放したい場合や、広い土地を保有している場合には、土地買取を検討してみてはいかがでしょうか。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.