土地買取による更地と整地の違いとは

更地と整地の違いとは

更地と整地の違いとは
土地買取の際に、更地か整地どちらの状態で買取に出すか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。
土地買取は、更地ではなく整地にした方が土地買取に出しやすいとされています。
まず、整地と更地の違いを知っておきましょう。
整地は、土地に立っていた建物を解体して綺麗な状態にすることです。
建物解体の際に、ガラスの破片やコンクリート、木材などがたくさん散らばってしまいますが、そのような残骸を重機や人の手で整備します。
残骸を撤去した後は、土地を踏み固めて綺麗な土地にします。
一方、更地は土地の上に建物がない状態のことを言います。
見た目は整地を変わりませんが、土地の整備がなされているかどうかが更地と整地の違いです。
整地された土地も更地の意味に含まれていますが、不動産業界で整地と更地を区別して言う場合は、土地を踏み固める作業をしているかどうかで異なります。

土地買取の前は整地にしておこう

土地買取の前は整地にしておこう
土地買取は、できるだけ高い価格で買い取ってもらいたいものです。
更地のままよりも土地を踏み固めて整地にした方が土地買取は高い傾向にあります。
土地を踏み固めていないと災害の際に倒壊や地盤沈下の可能性があるため、買取る側にとっては重要な要素になるからです。
整地にした後は、土地買取が完了するまで放置してはいけません。
土地は整地にしても定期的な手入れが必要です。
たとえば、雑草を抜いたりゴミを拾ったりと簡単なお手入れが必要になります。
整地費用は、土地の状況や環境によって変わります。
相場が判断しにくいですが、一般的には建物解体にかかった費用の3%〜5%が目安です。
業者によっても整地にかかる費用が異なるため、確認しましょう。
整地をしておくと、買取側に整地費用を負担しなくて済みます。
更地のままだとすぐに建築を始めることができず、買取側は敬遠してしまうことも少なくありません。
逆に、整地にしていると整地費用がかからないため、積極的に買取ってくれるでしょう。
土地買取を検討している人は更地と整地の違いを理解した上で、判断してみてはいかがでしょうか。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.