北海道でバイオマス発電が盛んな理由

北海道とバイオマス発電の相性

北海道とバイオマス発電の相性
北海道でバイオマス発電が盛んな理由は少なくありません。
まず、林業に盛んな地域が多いため、木材が集めやすいのが理由のひとつとなります。
さらに、燃焼となる木材を貯木していくスペースも北海道では確保しやすいです。
発電電力を送るための送電線や発電所に必要となる工業用水の配管が近くにある地域も少なくありません。
バイオマス発電が盛んとなっているのは、発電所を運営するのに適している立地条件が整っているのが大きいです。
これからバイオマス発電をするにあたって、どの地域を選択するかは非常に重要になっていくものです。
北海道の場合は広大な土地により資材が確保でき、発電所の運営に関するコストの低減などの魅力的な条件が揃っています。

安定して収益を見込めるかどうか

安定して収益を見込めるかどうか
バイオマス発電に使われる資源は産業廃棄物、下水汚泥、人工林の間伐材や製材所の端材などさまざまです。
燃料は道内の社有林から出る未利用材から賄えます。
木材資源が豊富な北海道で、バイオマス発電が盛んになるのは当然といえます。
バイオマス活用推進計画も新たに策定され、バイオマス発電の普及に力を入れる方針です。
木質系バイオマス発電は太陽光や風力より雇用創出効果が大きいのも北海道でプラスに作用する理由となります。
林業は手間と費用のかかる産業であり、搬出に多額の費用がかかってしまうのがネックです。
不要な木を間伐したのが、バイオマス発電に役立てることができます。
木材資源豊富な北海道がバイオマス発電を行うにあたって適しているのはすでに知られています。
ただ、まだ完全に花開いているというわけではありません。
北海道の土地を買い取ってバイオマス発電を行うという方法もないわけではありません。
もちろん、行き当たりばったりの対応では失敗してしまう可能性が高まります。
正しい土地を選択して安定して収益を生むためには専門業者への相談が不可欠です。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.