木質バイオマス発電バイオマス発電について

木質バイオマス発電とは

木質バイオマス発電とは
木から電気をつくるのが木質バイオマス発電です。
火力発電所では、天然ガスや石油や石炭などの化石燃料が燃焼となります。
バイオマス発電は下水汚泥、家畜の糞尿といったさまざまな生物資源を使用します。
生物資源のなかで木を使用するのが木質バイオマス発電の特徴です。
懸念されるのはやはり木から電気をつくることで森林を減らすという点です。
しかし、木が茂りすぎると地面に光が届かなくなって土の元気がなくなり、隣の木と枝や根がぶつかることも多くなってしまいます。
さらに、動物が来なくなってしまう理由にもなりかねません。
そのため、木を切って感覚をまばらにするための間伐は必要となります。
間伐を行う場所と発電所が近ければ、運搬に多くのエネルギーを使うこともなくなるのも魅力的です。
間伐された木は引き取り手がないと、そのまま土にかえっていきます。
これはバイオマス発電所で使われることで廃棄物が減るとともに、資源として有効活用されるようになります。
さらに、間伐された木を運搬する雇用も生み出すことができて、その地域全体の活性化にもつながるものです。

二酸化炭素排出量の低減

二酸化炭素排出量の低減
利用されずにそのまま捨てられる伐材を燃料にした木質バイオマス発電は、二酸化炭素排出の低減にもつながります。
二酸化炭素の増加は地球温暖化の原因として問題となっており、地球温暖化の防止に貢献することになります。
間伐材の収集、搬出、搬入など、利用施設の新設や運営あるいはバイオマスエネルギー供給施設を通じ、新しい雇用と産業が生まれるのも期待されているのが事実です。
林業がさらに盛んとなり、地域活性化につながるのも期待されており、木から電気をつくることは全体で考えて大きなプラスです。
すでに全国各地でバイオマス発電所の新設計画が打ち出されており、今後未来のある貴重な発電方法として注目されています。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.