豪雪地帯での太陽光投資について

豪雪地帯の発電量はどうなっているのか

豪雪地帯の発電量はどうなっているのか
太陽光投資は太陽光を利用しているため、日照量によって大きく収入が左右されます。
雨や曇りの日は日照量が低下してしまい、発電量が低下しますが、天候が悪かったとしても、太陽光投資の価値はあると言われています。
しかし、豪雪地帯の発電量がどうなっているのか事前に知っておくことも大切ではないでしょうか。
晴天時と比較すると劣ってしまいますが、5分の1から20分の1の発電量があると検証されています。
そのため、豪雪地帯でも太陽光投資はできますが、その他に考えられるリスクがあります。
リスクとは、太陽光パネルの上の積雪で、多少の雪であれば問題ありませんが、豪雪地帯の雪は注意が必要です。
雪の影響で太陽光が遮断され、発電量がゼロになる恐れがあります。
また、太陽光パネルの表面はガラスになっており傾斜もありますので、積雪があったとしても滑り落ちてくれるとも言われており、太陽光が雪で乱反射するため通常以上の発電量が期待できます。
一言で豪雪地帯と言っても地域により積雪量は異なるので、実際に検証することが大切です。

豪雪地帯の太陽光投資によるトラブル

豪雪地帯の太陽光投資によるトラブル
豪雪地帯だったとしても、太陽光投資は可能です。
しかし、他のエリアでは起こらないトラブルが考えられるため、事前にリスクを知っておきましょう。
まず、落雪の問題ではないでしょうか。
そのため、安全が確保されているか検証する必要があります。
太陽光投資をする際には、周りに何か危険なものがないか確認しておくと安心です。
さらに、積雪による重量に耐えられるかの検証も必要ではないでしょうか。
また、豪雪地帯で太陽光投資をするのであれば、積雪に強いメーカーを選ぶ必要があります。
雪の荷重に耐えられないパネルの場合、ワンシーズンで故障することも考えられるのです。
降雪などに対する知識を持った業者に設置を依頼しましょう。
安心して太陽光投資を始めることができます。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.