太陽光投資における蓄電池とは

太陽光投資における蓄電池について

太陽光投資における蓄電池について
太陽光投資によって得られた電気を、蓄電池に蓄えている方が増加しています。
既に導入を検討している方もいますが、それほど一般的なものではありません。
蓄電池とは、充電式の電池と同様の意味と考えましょう。
単3や単4サイズの充電池は一般的なもので、家電量販店などで簡単に手に入れることができます。
その他に、私たちの生活に欠かせないスマートフォンでも、充電池は利用されています。
私たちの生活に密着した充電池ですが、これは小さい電力しか蓄えることができません。
しかし、最近は電気自動車なども登場しており、大容量の電力に対応した蓄電池が開発されました。
そして、太陽光投資によって発電した電気を大量に蓄えられる蓄電池が開発され、太陽光投資で発電した電気を貯めておくことができるようになったのです。
太陽光投資の再生可能エネルギーとして電力会社に固定買取制度を利用し、買取をしてもらうことで収入を得ることができ、エコになるというメリットがあります。
太陽光投資の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

蓄電池の活用法

蓄電池の活用法
2012年より制度化された固定買取制度によって、太陽光投資に注目が集まり、発電量も増えています。
そのため、電力の供給過多が起こるようになり、対策として出力抑制がされるようになりました。
出力抑制とは、電力の供給過多になった場合電力の出力を抑えてもらう仕組みのことを指します。
そのため、せっかく太陽光投資で発電をしても、電力が無駄になってしまう恐れがあるのです。
その際には、保険を事前に加入しておくことで、補償を受けることができます。
また、保険を加入していない場合でも、蓄電池を設置しておくことで、電力の供給過多で出力抑制になっても発電した電力が無駄になることはありません。
太陽光投資をより収益を出すためには、発電した電力を無駄にしないことが大切です。
太陽光投資の際には、蓄電池を活用してみてはいかがでしょうか。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.