太陽光投資の過積載とは

太陽光発電の過積載とは何か

太陽光発電の過積載とは何か
太陽光投資を始める方は多いですが、売電価格は年々減少しています。
そのため、経費の回収やローンの返済に時間がかかってしまうのです。
しかし、少しでも太陽光発電量をアップさせる方法として、過積載と呼ばれるものがあります。
太陽光投資を始める際には、過積載がどういった仕組みになっているのか知っておきましょう。
太陽光発電とは太陽光が必要となるため、日の出から発電が始まります。
そして、日照量が増加するに伴い発電量も増加し、日が沈むと発電量が減少するシステムです。
太陽光発電とは、パワコンと呼ばれる接続容量によって発電量が決まりますが、パワコンは日照量に大きく関係しており、定格出力に達する時間は1日の中でも限られています。
これは季節によって異なりますが、日照量の多い時期でも2、3時間とされているのです。
これでは太陽光投資として不十分ですので、過積載と呼ばれる方法を行うことでこの期間を延長することができます。
これによって、太陽光発電の経費の回収やローン返済がスムーズになります。

過積載で経費回収とローン返済

過積載で経費回収とローン返済
太陽光投資において大切なことは、効率良く太陽光発電を行うことです。
一般的な太陽光発電ではパワコンの定格出力に合わせてパネルを設置していますが、これでは太陽光投資として満足出来る結果が得られません。
しかし、過積載をすることで十分な太陽光発電が可能になります。
さらに、これまでは過積載をしてしまうと設備の保証が受けられなかったのですが、現在は保証が受けられるようになっているのです。
また、太陽光投資をする上で最も気になるのは経費の回収とローンの返済でしょう。
特に曇りの日は大幅に発電量が下がってしまいます。
しかし、過積載にすることで曇りの日でも一定の発電量をキープ出来るようになり、太陽光投資の経費回収とローン返済が出来るようになるのです。
そのため、初期の段階から過積載の導入をおすすめします。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.