太陽光投資に適している用地とは

太陽光投資に適した条件とは

太陽光投資に適した条件とは
使っていない用地などを利用して太陽光投資を検討する方は多く、太陽光投資は自然を相手にした発電であることから、用地によって適した条件があります。
そのため、太陽光投資を検討している方は、どういった条件を満たした用地が適しているか知っておきましょう。
太陽光投資とは太陽光を電気にして売電しますが、そこに影響を与えているのは日照量だけではありません。
天候や気温などの条件によって、発電量は大きく変化します。
そのため、設置を考えている用地の日照時間を確認しましょう。
エリアごとの日照時間は、インターネットなどで調べることができます。
実際のデータを基にしなければ、シミュレーション通りの結果を得ることはできません。
また、夜間は発電ができませんが、雨でも多少の発電は可能となっています。
しかし、雪が降ってしまうと発電量が極端に低下してしまうのです。
そして、これまでは気温によって発電量が下がることもありましたが、近年は気温に影響を受けづらいパネルが登場しています。

近隣の環境からも影響を受けてしまう

近隣の環境からも影響を受けてしまう
日照時間や気候など用地の条件によって、発電量は大きく影響を受けてしまいますが、太陽光発電を検討している方はそれ以外にも考える必要があります。
それは周辺の環境です。
用地の周辺に林などがあると、太陽光が遮られてしまいます。
さらに、大きな建物があると太陽光は届きません。
そのため、周辺の環境もリサーチする必要があるのです。
また、今のところ周辺環境が整っていたとしても、これから新しい建物が建設されることも考えられるでしょう。
特に開発が進んでいるエリアでは、突然マンションの建設が始まることもあるのです。
さらに、木によって遮られていなかったとしても、これから木が成長することで日光が遮られることもあるのではないでしょうか。
そのため、太陽光投資を検討している方は、周辺の将来的な環境の影響について考える必要があります。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.