太陽光投資でのソーラーシェアリングとは

農地に設置したパネルで太陽光発電

農地に設置したパネルで太陽光発電
太陽光投資とは太陽光パネルを設置して発電を行うため、多くの方は広大な土地に太陽光パネルを設置することがほとんどではないでしょうか。
しかし、最近はソーラーシェアリングと呼ばれる太陽光投資が注目されています。
ソーラーシェアリングとは、農地に太陽光パネルを設置する太陽光投資で、農林水産省では営農型発電設備と呼ばれています。
農地での太陽光発電は、以前は設置をすることはできなかったのですが、平成25年4月1日より農業を続けるという条件で許可されるようになりました。
法律が改正されたことにより、農業を行いながら太陽光投資ができるので、農家の中でソーラーシェアリングを検討する方が増加しているのです。
ソーラーシェアリングは農家にとって魅力的であることから、これを検討する方は多いです。
太陽光投資を始める際には、収益性がどのくらい見込めるのか知りましょう。
住宅向けの太陽光パネルよりも設置費用が高額になってしまうため、設置費用の回収についてではないでしょうか。
また、屋根の上であれば工事は手軽ですが、農地に場合は架台必要になるため、高額になってしまいます。
そのため、住宅用の太陽光パネルと同じ感覚で導入を検討している方は注意が必要です。

ソーラーシェアリングによるメリット

ソーラーシェアリングによるメリット
ソーラーシェアリングは農地に太陽光パネルを設置するため、発電をしながら作物の栽培ができます。
太陽光パネルによって影ができてしまうので、作物の栽培に支障をきたす恐れがありますが、影の面積を考慮することで農業と並行して発電することは十分に可能です。
また、太陽光投資を検討していたとしても、日光を利用していることから作物への悪影響を心配する方もいるのではないでしょうか。
しかし、作物の光合成に必要な日光は十分に確保できます。
中には、日陰でも成長できる作物もあるため、そういった作物であればソーラーシェアリングでも悪影響を受けません。
ソーラーシェアリングは、農業による収入と売電収入の両立が可能です。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.