木造住宅で行う太陽光投資の耐久性

木造住宅での太陽光投資

木造住宅での太陽光投資 投資を検討している人がわかりやすく、費用は比較的高いですが、はじめやすいのが太陽光投資です。
太陽光投資は土地に設置するものと、住宅に設置するものがありますが、住宅にも鉄骨や木造住宅があります。
しかし、設置する予定の住宅が木造住宅の場合、長期間、太陽光パネルの重量に耐えられるかが気になるでしょう。
木造住宅に太陽光発電を設置する際は、骨組みの役目をしている垂木にビスを打ち込み、架台を設置し、太陽光パネルを設置します。
また、築年数があまりに経過している木造住宅に太陽光発電を設置してしまうと、雨漏りなどのリスクが出てくるためおすすめできません。
木造住宅でも、築10年前後の住宅であれば問題はないでしょう。
不安を抱えている人で、木造住宅に太陽光発電を設置する際には、設置業者やメーカーに相談することで、設置が可能かわかります。

耐久性に問題はない

耐久性に問題はない 太陽光投資を検討する際に、設置する住宅が木造住宅の場合、耐久性が気になります。
太陽光発電はパネルの重量と、その他の機械や架台の重さが数百キロという重量になるため、木造住宅では心配です。
あまりに築年数が経過している木造住宅では難しいですが、その他、木造住宅の屋根は重い瓦で作られていることが多いため、太陽光パネルの重量に耐えられる耐久性は十分でしょう。
また、太陽光パネルと架台も、メーカーや発電効率によって重さは異なります。
発電量を考慮し、設置する太陽光パネルを変えていくこともできるため、基準を知っておきましょう。
太陽光パネルの発電量と重量の基準は、1kwあたり100kgです。
瓦屋根が1㎡あたり約50kgに対して、太陽光パネルが1㎡の場合、重量は約12~16kgになりますが、瓦屋根などに比べると重くはありません。
さらに、太陽光発電のメーカーはそれぞれに設置基準を設けています。
設置基準の中には耐久性だけでなく、耐震性も含まれているため、設置する際に不安がある人は設置基準を考慮してみましょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.