太陽光投資で使用する太陽光パネルの原料

太陽光パネルのシリコン原料

太陽光発電のパネル原料
環境に配慮した太陽光発電の技術が発展し、投資としても太陽光投資が広まってきました。 太陽光投資とは、住宅や土地に太陽光発電システムを設置して発電し、発電した電気を電力会社に売却することで利益を得ることです。
しかし、太陽光投資を行っている人や検討している人も、太陽光発電システムについて知らないことが多いでしょう。
太陽光発電システムは太陽光パネルを使用しますが、パネルだけでも原料はたくさんあり、価格も変動します。
パネルには、シリコンを原料として出来ているものがあります。
シリコンといっても複数あり、一番多く普及しているのがシリコンを使用したものですが、高温に弱いという弱点がありましたが、現在では様々な改良がされているのです。
まず、単結晶シリコンはこれまでも多く使われてきたシリコンですが、製造コストが掛かるため、販売価格も比較的高くなっていますが、発電効率は高いことから、現在でも多く使用されています。
単結晶シリコンに比べ、多結晶シリコンは発電効率が下がりますが、メーカーによっては半分の価格で販売していることもあり、価格面で太陽光投資したい人に普及しているのです。
また、より低コストで製造できるアモルファスシリコンは、薄膜型とも呼ばれ、ガラスの基盤にシリコンの薄膜を生成することで製造されています。
単結晶シリコンや多結晶シリコンと比較すると、変換効率が大きく下がってしまうのがデメリットですが、高温に強い点と可視光発電に優れている点がメリットです。
さらに、アモルファスシリコンと単結晶シリコンを組み合わせて利用する、ハイブリット(HIT)があります。
それぞれのデメリットをカバーし、メリットをさらに活用できるものですが、価格が高い反面、最も高い発電効率です。
高温地域や日射量が多い地域には、ハイブリットがおすすめでしょう。

太陽光発電パネルの化合物

太陽光発電パネルの設置法
太陽光パネルの原料にはシリコン以外に、化合物と呼ばれるものがあります。
普及されるようになったのは最近ですが、高温に強い、低コストということもあり、徐々に普及率を上げているのです。
化合物の中にも、銅、インジウム、セレンで製造されたCIS系と、カドミウムとテルルで製造されたCdTe系があります。
どちらも安全性が高く、シリコンを凌ぐ製造率も期待されているのです。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.