太陽光投資は設置場所も大切

太陽光投資のコストへの影響

太陽光投資のコストへの影響
太陽光発電が普及し、投資の方法としても太陽光投資が広まってきています。
どのような投資方法でも、初期費用は掛かってしまうものですが、太陽光投資も同様です。
太陽光投資は太陽光発電システムを用いて行いますが、太陽光発電パネルの種類、環境によって部品を変える、設置する場所などによりコストへの影響が大きくなります。
また、小さな範囲に太陽光発電システムを設置するとコストも掛からないと考えますが、広い範囲に設置する方がコストは下がり、収益率を高めることができるのです。

設置場所が大切

設置場所が大切
太陽光投資を検討している人でも、コスト面は気になるところでしょう。
太陽光発電システムは設置する場所によって、必要な工事が異なるため、コスト面に大きく影響してきます。
一般的な屋根への設置ですが、住宅に限らず、職場や学校などの建物の屋根を利用して設置するものです。
しかし、新築で建てる場合は、発電をする太陽光パネルに適した屋根にすることができますが、既存の建物では屋根の形が太陽光パネルを設置できない恐れがあります。
太陽光発電は太陽光が当たらなければ意味がなく、南向きのような日射量が多い向きが適しているのです。
片流れ屋根のような1面斜め屋根では、方角が大切になり、北向きでは設置できない恐れがあります。
また、水平の屋根では架台を設置することで、方角や傾斜が調整することが可能です。
新築にすると同時に太陽光投資を始めるのであれば、屋根材一体型にすることでデザイン性を得ることができます。
パネル状になっている屋根材を使用するため、架台などを設置する必要がなく、見た目をまとめることができるのです。
また、稀に起きる雨漏りのリスクや、風の影響も避けられるためおすすめでしょう。
さらに、野立てという設置方法があります。
広い土地に、太陽光発電システムを大規模に設置して行うものですが、電線と電柱も設置できることが条件です。
日射量が多い山林や利用価値が低い斜面などで、土地のコストも低くなるためおすすめです。
また、農地を利用するソーラーシェアリングで設置することで、農業と兼用できます。
どのような環境でも、適した太陽光発電システムを選ばなければならないため、コストの変動は大きいでしょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.