太陽光投資に重要な改正FIT法の理解度は

太陽光投資と改正FIT法

太陽光投資と改正FIT法
太陽光投資を検討している人、始めている人には大きく関係のある再生可能エネルギー特別措置法ですが、この法律が改正されて改正FIT法へと生まれ変わりました。
改正FIT法の大きな変更点は5つあり、事業計画の登場とメンテナンスの義務化、運転開始期限の導入とパネル変更が可能になったこと、みなし認定、エネルギー単価の決まり方などが挙げられます。
また、これまでの制度で認定を取得していた人でも、改正FIT法では事業計画の提出が必要となり、審査基準が明示されたのも特徴です。
さらに、運転開始期限は太陽光エネルギーの設備規模によって、ペナルティが決められているため注意しなくてはなりません。
10kW未満のエネルギーだとみなし認定、計画認定から1年、それ以上の発電エネルギーは3年となります。

改正FIT法の理解度と安心感

改正FIT法の理解度と安心感
太陽光投資を考えている人は、太陽光投資の改正法についてどの程度の理解度なのか気になることもあるでしょう。
調査によるデータでは、十分理解していると答えた人は全体の3%前後で、決して理解度が高いとは言えないのが現実です。
理解していると答えた方は12%前後、なんとなく理解しているという方は23%前後でした。
また、太陽光投資の改正法についてまったく理解していない、内容を聞いたことはあるという方は43%程度となり、理解度はそこまで高くないと言えます。
しかし、理解度こそ低いものの、改正法によって安心感を得られたという人が多いのも事実です。
良いイメージを持った、安心感が得られたと答え人は一定数おり、安心感という面では法改正の意味は十分にあったと言えるでしょう。
その反面、事業者への負担が増えたことがあげられます。
これまでには無かった手続きが増えることで、利用者は安心感を得られますが、手続きを行わなければならない事業者は、従業員の理解、ミスが無いようになど負担があるのです。
これから認知度をあげていくには徐々に広めていくことになりますが、丁寧な説明と、利用者が理解し納得することが大切でしょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.