太陽光投資における売電単価の決め方とは?

太陽光投資における売電単価の決め方について

太陽光投資における売電単価の決め方について
太陽光投資で収入を考える上で、売電単価の基準はとても重要になります。
それによって、作った電気が同量であっても、価値が大きく変わってくるためです。
しかし、売電単価は常に一定というわけではありません。
売電価格は、経済産業省資源エネルギー庁が調達価格等算定委員会を開き、毎年見直されるという決め方です。
そのため、太陽光投資における売電単価は、この決め方で年度ごとに設定される金額を基準としなければならないのです。
決め方は、一見不安定で分かりにくいようにも感じられるかもしれません。
太陽光投資では、利用開始年に決められた売電単価は、以後10年反映され続けます。
これは、経済産業省で定められている固定価格買取制度によるもので、翌年以降単価が下がっても、価格は変わらず安定して運用を続けられる嬉しい決まりと言えるでしょう。

売電単価の傾向と固定価格買取制度の関係性

売電単価の傾向と固定価格買取制度の関係性
固定価格買取制度は、年々重要度を増しています。
重要度が増している理由として挙げられるのは、傾向として売電単価は年々下がってきているためです。
固定価格買取制度という決め方が始まった2009年の売電単価は、48円であったにも関わらず、2013年には38円、そして2016年は31円にまで下がってきています。
また、今後についても、売電価格は年々さらに下がり続けることが予想されています。
年々太陽光投資の売電価格が下がっている傾向の理由には、太陽光投資の普及が大きく関連しているのではないでしょうか。
年間の売電基準を設ける固定価格買取制度の登場に伴い、有益性が高く、エコな投資方法として、広く注目を集めました。
その結果、売電の必要度が下がり、基準も年々低く設定される傾向に至ったのです。
太陽光投資を検討している人は、できるだけ早く開始し、10年間基準となる単価をできる限り高く設定しておく方法が理想的と言えるでしょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.