太陽光投資における確定申告について

太陽光投資で確定申告手続きが必要になるケース

太陽光投資で確定申告手続きが必要になるケース
確定申告は、その年の所得に応じて納める義務が生じる税金の手続きです。
太陽光投資も、収入に繋がるため、関係は大いにあります。
しかし、必ず申告しなければならないというわけではありません。
基準としては、売電収入が他の雑所得と合わせて20万円を超えた場合、確定申告手続きしなければならないという考え方となります。
太陽光投資は、安定性のある投資対象として注目されているため、この基準にあてはまることもあるでしょう。
ただ、住宅用の太陽光発電による余剰発電であれば、平均設置容量が比較的小さく4~5キロワットと言われており、多くの場合は税金に関する心配は必要ありません。
雑所得とは、売電収入から必要経費を引いたものです。
太陽光投資における必要経費としては、減価償却やローンを組んだ場合のローン金利、その他事業に関連する費用諸々が該当します。
特に、減価償却は大きな額となりやすく、設置費用を法定耐用年数の17年で割った額が控除に利用でき、お得に感じられるでしょう。
最終的な税金は、この方法で算出した雑所得を対象所得として計算する形となります。
税率は、所得金額によって区分が分かれているので、自分がどの区分に該当するか調べて、確定申告の手続きをする必要があります。

所得に対する税金の計算方法

所得に対する税金の計算方法
所得への課税区分は、主に第一から第六の区分に分けられています。
主に、第一区分が所得195万円までであり、税率5%の場合、第二区分は330万円までで税率10%、第三区分は695万円までで税率20%、第四区分は900万円までで23%、第五区分は1,800万円までで33%、そして第六区分は1,800万円以上で40%と定められています。
確定申告は、慣れない人にとって少々抵抗も感じられる作業でしょう。
特に、会社勤めで確定申告に縁がない人としては、大変な手続きでもあるかもしれません。
しかし、確定申告漏れは、脱税になりトラブルを伴う原因となる恐れがあります。
正確に税金を納めて、安全かつ理想的な投資としての運用を目指しましょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.