太陽光投資を稼働するために必要な期間

太陽光投資設備稼働までに必要な準備

太陽光投資設備稼働までに必要な準備
太陽光投資を稼働する前の主な準備としては、太陽光投資を提供する会社に問い合わせをして、見積もり依頼します。
次に、担当者と話し合いの場を持ち、金額や物件に関するやりとりをします。
このときに物件や設備、注意点、さらには融資見積もりなどあらゆる部分が説明されるため、集中して臨んでください。
そして、現地確認です。
この際に、土地所有者との相性や、工事場所の日当たりなどをチェックしましょう。
日当たりが利益を左右するため、入念に確認してください。
段階を踏んで納得がいく条件であれば、ここで初めて契約を結び、事業計画の認定などが行われます。
契約や設備認定申請が完了したら、あとはソーラーシステムの工事を行い、諸々の手続きを経て稼働準備完了です。
このように、太陽光投資のため契約や工事、そして稼働させるまでに必要な作業は、決して手軽とは言えません。
スケジュールを確認しながら、余裕を持って進めていきましょう。

稼働までに必要となる期間とは

稼働までに必要となる期間とは
太陽光投資稼働のためには準備が必要となりますが、どれくらいの期間がかかるのか気になるのではないでしょうか。
状況によって細かい部分は異なり、主に次のような期間が一般的です。
まず、問い合わせから現地確認に関しては、業者の繁忙状況で異なります。
スムーズな場合であれば、1~2週間程度でも完了できるでしょう。
しかし、次の段階である事業計画認定はすぐに完了できません。
認定が下りるまで、1ヵ月ほどの期間をみておきましょう。
そしてさらに認定後も、売電契約・系統連系の申し込みに約1週間、低圧売電メーター支給までに1ヵ月、工事に1ヵ月、そして電力会社の最終検査が来るまで1ヵ月と、計4ヵ月弱はみておく必要があります。
他には、高圧太陽光設備に投資する場合であれば、倍以上の10ヵ月に至るケースもあるほどです。
太陽光投資のための契約や工事、稼働までの期間は決して短くありません。
余裕を持ったスケジュールのもと、進めていくことがポイントです。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.