太陽光投資で知っておきたい法律

関連する土地についての法律

関連する土地についての法律
太陽光投資は土地に太陽光パネルを設置し、発電させるシステムです。
しかし、太陽光投資を始める場合は、太陽光パネルを設置するために関連する法律があります。
まず、土地に関する法律は国土利用計画法というものがあり、自然環境の保全や無秩序な土地利用などを防ぐための法律です。
市街化区域で2000㎡以上、市街化調整区域は5000㎡以上のような大きな土地を売買する場合には、国土利用計画法に基づいて手続きしなければなりません。
また、農地などの土地に太陽光システムに設置する場合は、農地法に気をつけましょう。
農地法とは、農地は貴重な資源として見なされているため、農地としての安定した利用、農地以外の利用目的を防ぐための法律です。
そのため、太陽光システムを設置する際には、農地転用の届出と許可が必要になります。
さらに森林法もあり、無秩序な森林開発などから守るために適応されているため、林地開発許可申請をしてからでなければ太陽光システムを設置することができません。
その他にも、都市計画法や農振法などもあるため、それぞれに届出や許可が漏れないようにしましょう。

設置するための法律

設置するための法律
太陽光投資で太陽光システムを設置する土地が決まったら、設置するための法律にも注意が必要です。
まず、太陽光システムを設置する前に、建築基準法に該当しているか否かを事前審査してもらいましょう。
建築基準法とは敷地、構造、設備に関する最低基準ですが、太陽光システムの大きさによって建築基準法に該当するかが異なります。
また太陽光発電は、電気を発電して利益を得るので、電気事業に該当するため、電気事業法が適応されるので注意しましょう。
電気事業法は、電気事業の運営を合理的にするだけでなく、使用者の利益保護、工事などの運用を規制するものです。
そのため、太陽光システム設置するには、使用前自主検査・保安規定・工事計画届出書・主任技術者の選任・使用前安全管理審査などの提出が義務となっているため、提出漏れがないように注意が必要になります。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.