電源構成と太陽光投資の関係性

電源構成における再生可能エネルギー

電源構成における再生可能エネルギー
再生可能エネルギーの1つとして、太陽光投資が注目されています。
太陽光投資は、ソーラーパネルを使用し太陽光のエネルギーを集め、発電した電気を買取してもらうことで、収入を得る投資です。
世界から見ると、再生可能エネルギーは、エネルギーミックスである電源構成として大きな位置になってきていることがわかるのではないでしょうか。
電源構成とは、電力会社が電気を安定して普及するために、1つだけのエネルギーや発電方法に頼らず、それぞれの特徴を活かしていくことが求められており、発電方法の種類の割合を示したものを電源構成と言います。
世界の全電源発電容量のうち、太陽発電は2040年には30%近くにもなると予想されており、電源構成の中でも再生可能エネルギーは欠かすことができません。
特に、中国の電源構成は驚くべき速度で太陽光発電が伸びてきており、再生可能エネルギーが大半を占めると考えられています。
日本では、22%~24%を目指している段階です。
また、火力発電所がなくなるわけではなく、2030年には石炭火力は政府案では26%とされていますが、38%程度になると予測されています。
日本は、韓国とともに電源構成では石炭火力に対する依存性が高いということがわかりますが、それだけに太陽光投資は、今後大きな注目を集めていくのではないでしょうか。

太陽光投資の重要性

太陽光投資の重要性
エネルギーの国産化ということも進められていく中、石炭火力のエネルギーを持たない日本にとって、太陽光投資は大きな意味を持っているでしょう。
その理由は、石炭火力を減らすことによって、カーボンフリーなエネルギーを作り出すことができるからです。
しかし、太陽光投資が増えていても、石炭火力を全てなくすことができるかと言うと、そうではありません。
電源構成として考えていく必要があり、再生可能エネルギーはまだまだ安定性に欠ける要素を持っているのです。
電源構成を考え、安定した収入を得られる太陽光投資を検討してみてはいかがでしょうか。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.