太陽光投資における発電量の計算式

太陽光投資を始める前に発電量の計算をしてみよう

太陽光投資を始める前に発電量の計算をしてみよう
太陽光投資に興味があり、これから始めようと検討している人もいるのではないでしょうか。
太陽光投資を始めるメリットは様々ありますが、始める前に発電量の計算式を知っておきましょう。
発電量の計算式を知らなければ、期待していた発電量より増えなかったと感じる恐れがあります。
まず、kWとkWhの違いについて、詳しく知っておきましょう。
kWは、どれくらい発電できる力があるのかを示す単位です。
そのため、kWの数字が大きければ大きいほど、発電力が高いと言えるでしょう。
また、kWhは1時間で発電する量のことです。
一般的なkWhは、kWh×時間hで求めることができます。
しかし、様々なロスが間に入るため、そのロスも考慮しなければなりません。

ロスが発生するとき

ロスが発生するとき
発電量は、システム容量×日射量×ロスです。
システムの容量は、太陽光発電システムの発電性能のことを示します。
一般家庭用では3〜5kWだと言われており、産業や事業用では10〜300kW程度が多いです。
太陽光投資を導入する前に、パンフレットなどで年間消費電力の目安を基準にすることがありますが、地域の天候や設置角度などそれぞれ大きく状況が異なるため、目安にしていた基準で選ぶと、期待していた発電量は得られないでしょう。
ロスは、変換効率×気温×その他要素で計算します。
パネルの表面温度が上昇することや、パネルの汚れが原因でロスが発生する恐れがあるため、定期的にメンテナンスをしなければなりません。
また、太陽光発電でつくった直流電流を家庭内で使用する交流電流へ変換する装置が原因でロスが発生することもあります。
変換効率が悪いと、変換を行う際にロスが発生してしまうのです。
メーカーによって変換効率の値が異なるため、確認してください。
気温は、ロスを計算する上で最も重要な要素でしょう。
日射量が多い沖縄は、発電量が多くなると思われがちですが、気温が高いことが原因となり高い発電量を記録できていません。
気温が高い地域はロスが高くなる傾向にあります。
ロスを考慮して、発電量を計算してください。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.