太陽光投資における越境融資

県を跨いで太陽光投資をする場合は

県を跨いで太陽光投資をする場合は
太陽光投資を始める際にローンを組みたい人の中には、審査に通るだろうかと不安に思う人もいるのではないでしょうか。
条件を満たせば、太陽光投資のローンを組むことができます。
特に、都市部に住んでいて、山間部などに太陽光発電設備を購入する場足など、県を跨いで太陽光投資を検討している場合は、越境融資について知っておきましょう。
県を跨いでローンを組む際に、地方銀行などの活動エリアの壁に阻まれてしまうことがあります。
そのような時には、政策金融公庫に相談すると良いでしょう。
政策金融金庫は全国に支店があるため、県を跨ぐような越境融資にも積極的なのです。

融資を受けて太陽光投資

融資を受けて太陽光投資
太陽光発電の買取単価は20年間一定の利回りが出るように国がコントロールしています。
工夫すると10%以上の利回りが出るように計算されており、2000万円の太陽光投資をすると年間200万円以上の売電収入が期待できます。
さらに、ローンを組むことで投資回収を圧倒的に早くすることができます。
少ない手元でも太陽光投資効果を大きくすることができるのです。
越境融資を受けるポイントは、規模が大きい太陽光発電をすることです。
そのため、一般的な投資家が越境融資を受けることが難しいこともあるかもしれません。
越境融資以外にも融資があるため、自分にぴったりの融資を見つける必要があります。
例えば、日本政策金融公庫は越境融資以外にも、国民生活事業という開業融資制度があります。
これは、サラリーマンが太陽光投資を始めて行うようなパターンにはぴったりの制度です。
審査には時間がかかる傾向にありますが、金利も安く措置期間の相談にも乗ってくれるでしょう。
融資を受けるべき金融機関には優先順位があります。
借りやすいところから借りてしまうと、後々苦しくなる可能性があるため、慎重に判断することが大切です。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.