太陽光投資における蓄電システムの開発について

蓄電システムとは

蓄電システムとは
太陽光投資を始める前に、蓄電システムについて知っておきましょう。
太陽光発電は、天候に左右されやすい再生可能エネルギーです。
また、夜間は発電することができません。
その不安定さを解消するために蓄電システムが開発されています。
蓄電システムの一つに、VRFBがあります。
VRFBはバナジウムレドックスフロー電池というもので、不燃性の電解液を用いて常温で運転するため発火や爆発の危険性がありません。
また、耐熱対策なども必要がなく、電池本体の寿命も20年と長期です。
電解液を半永久的に使うことができ、充電回数が無制限、電解液量で蓄電容量を決めるため、タンクの増設で簡単に容量を拡張することができるという特徴があります。
太陽光や風力発電の出力変動を平準化させることが主な目的です。
実際に、このような蓄電システムを実証事業で導入し、世界最大級の運用例となった地域もあります。
蓄電システムの中でも、VRFBは長期間安定稼働するため、検討してみてはいかがでしょうか。

太陽光投資に欠かせない蓄電システム

太陽光投資に欠かせない蓄電システム
太陽光発電は、昼間のみできます。夜は電力会社から電力を購入する必要がありますが、昼間の発電時に発生した余剰電力を溜めて、夜に使うという方法もあります。
今後、太陽光発電を行う上で、蓄電システムが欠かせない存在となるでしょう。
太陽光発電と蓄電システムがセットで利用できれば、余剰電力を溜め込むだけでなく、夜間の低価格な電力を溜めて、悪天候の発電量が少ない昼に利用することもできます。
太陽光投資の高値買取は2009年に始まり、2019年に終了するとされていますが、その後の買取はどうなるかわかりません。
低価格での取引が行われる可能性もあるでしょう。
その場合、低価格で売電するか、それとも蓄電システムを導入して自家消費するかのどちらかになります。
将来を見据えて、蓄電システムの導入も検討してみてはいかがでしょうか。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.