太陽光投資における撤去費用とは

太陽光パネルの撤去

太陽光パネルの撤去
太陽光投資をすると、いずれはそれを撤去するときがきます。
それは、太陽光パネルの寿命を迎えたときです。
太陽光パネルの寿命は20年から30年だとされており、それ以上長持ちすることもありますが、一度屋根に設置すると、いずれ撤去しなければなりません。
寿命が長いため、太陽光パネルの撤去はまだ先のことだと考えている人も多いのではないでしょうか。
しかし、突然トラブルが発生し、撤去しなければならないこともあります。
個人で太陽光投資をしている人も少なくありませんが、住宅解体をする際にも撤去しなければなりません。
また、自然災害によって太陽光パネルが落下したり、破損したりする可能性があります。
そのような事態に備えるためにも、太陽光投資における太陽光パネルの撤去について知っておくことが大切です。

撤去費用と処分費用

撤去費用と処分費用
住宅で太陽光投資を行っている場合、撤去には解体業者が排出者となって産業廃棄物として扱います。
解体業者が撤去した太陽光パネルの回収を他の業者に依頼することもありますが、解体で発生したゴミなどは解体業者が持ち帰るケースが多いでしょう。
そして、産業廃棄物の中間処理業者に持ち込み、選別や破砕をして金属、ガラスをリサイクルに回し、残りは埋立に回ることが多いです。
太陽光パネルが故障、破損した場合にも同様に産業廃棄物として扱います。
しかし、自然災害によって撤去しなければならない場合は、個人で処分しなければなりません。
この場合は、産業廃棄物ではなく一般廃棄物として扱います。
太陽光パネルの撤去費用については、太陽光パネルが撤去された後にも様々な業者が関わって処分、リサイクルを行うため、撤去費用と処分費用が必要です。
撤去費用は人件費になり、処分費用は太陽光パネルの状態や地域、持ち込み業者、資源価格などによって大きく異なります。
具体的な撤去費用は10万円程度をみておきましょう。
処分費用については、太陽光パネルの枚数などにも左右されますが、5万円ほどはかかります。
そのため、太陽光投資における太陽光パネルの撤去費用は総額15万円ほどみておけば問題ないはずです。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.