太陽光投資における過積載のメリットとデメリット

過積載の多岐にわたるメリット

過積載の多岐にわたるメリット

太陽光投資における過積載のメリットの代表といえるのが、発電力が増えることです。
140%程度の過積載ではピークカットが出ることはありません。
また、土地を有効利用できるのも魅力的な点です。
パネルに合わせて発電所を設計したのが、今ではパネルの単価の問題で第一に考えるべきは土地となります。
その土地に合わせて発電所を設計していくことを考えると、土地に対して最大限パネルを配置していけるのは大きいです。
雨の日も曇りの日も発電し、パネルの劣化や故障にも強いです。
そして、太陽光投資を行ううえで気がかりとなる不安定な電源である点もクリアできます。
これらの理由があるからこそ、太陽光投資はリスクの低い投資として魅力的といえるでしょう。
安定収入が期待できるだけの理由を持ち合わせているのは間違いありません。

過積載にまるわるデメリット

過積載にまるわるデメリット

太陽光投資における過積載のメリットは多岐にわたっているものの、デメリットがないわけではありません。
そのひとつとなるのが150%以上の過積載を仕掛けた場合にはピークカットが発生することです。
過積載を仕掛けることで得られる利益と天秤にかけて考える必要があります。
また、土地が広くないと対応できず、1000平米以上の土地を有しているのが望ましいです。
さらに、正しい設計をしないと保証が下りないこともあります。
これは過積載に対して慎重な判断を下すパワコンメーカーやパネルメーカーがあるためです。
過積載に否定的な考えの施工店やメーカーの部署もないわけではありません。
金融機関の評価が低い場合は、発電所の発電実績値を見せるのが効果的で、融資を引き出せる理由につながっていきます。
太陽光投資における過積載にはこのように一長一短あることを覚えておいた方がよいでしょう。
安定した収入を得るためには、まずは専門業者に相談するのが確実です。
まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.