太陽光投資の過去と将来について

太陽光投資で利回りを期待できるわけ

太陽光投資で利回りを期待できるわけ

太陽光投資を行ううえで気になる点になるのは売電価格が下がっていることでしょう。
単純に売り上げが下がってしまう理由になるものの、同時にコストも低下しています。
2012年は40円であったのが2017年には21円とほぼ半額にまで下がってしまったものの、平均設置費用が2012年と2017年を比べると半額以下になっています。
売電価格が低下しても、同時に初期費用も下がっているからこそ、太陽光投資で利回りが期待できるといえるでしょう。
太陽光投資に伴う設置費用は規模が大きくなると割安になるのが特徴です。
設置規模によって利回りも異なる点を覚えておいた方がよいでしょう。
適正価格で適した土地の場合は、10%以上の表面利回りが見込めます。
かつてよりも太陽光投資は利回りが期待できないとはいわれているものの、設置規模次第では今の方が優れているといえるでしょう。

今後の太陽光投資

今後の太陽光投資

太陽光投資を考えている人は、できるだけ早く行った方がよい理由があります。
ひとつは売電価格の低下のペースにあります。
売電単価は固定価格買取制度上の問題が理由で下限がなく、今後さらに下回る可能性もないわけではありません。
また、固定価格買取制度が続くかどうかも分からないもので、制度が終了した後は長期的に安定した売り上げを見込めるかは誰にも分かりません。
さらに、制度や法律の規制を受けて設置できなくなる可能性もあります。
国が買取単価と期間を制度で定めている間なら、利回りを期待できるだけの理由はあります。
将来的に太陽光投資がどのような制度や仕組みとなるかは分かりません。
投資するだけの価値があると思ったときに行動しないと、後の祭りとなってしまうかもしれないです。
もちろん、予想利回りを下回るリスクもあれば、税金や保証期間などのリスクもあります。
まずは専門業者に相談し、メリットデメリットを理解して対応しましょう。
まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.