太陽投資のセカンダリー案件とは

発電の実績が確認できる

発電の実績が確認できる

太陽投資のセカンダリー案件を買い手の視点から考えると、発電の実績が確認できるのが魅力的です。
本当に安定した利回りを期待できるかどうかは気になるところであり、二の足を踏む理由にもなるでしょう。
数年経過した太陽光発電所が再び取引されるセカンダリー市場はまだ大きな規模とはなっていません。
そのため、太陽光投資をするにあたってひとつの狙い目ではあります。
建築リスクはなく、購入してすぐに収入につながるのも安心できる理由になるでしょう。
40円案件などのFIT高額案件の入手もできないわけではありません。
このように、太陽光投資においてのセカンダリー案件は魅力的な点も多く、視野に入れた方がよいといえるでしょう。
もちろん、本当に求めている安定しての収入を得られるかどうかはまず専門業者に相談するのが望ましいです。

購入前にデメリットを把握

購入前にデメリットを把握

太陽光投資におけるセカンダリー案件は魅力的な点が多々あるものの、まったくデメリットがないわけではありません。
固定価格の売電期間が短いこと、さらにはメンテナンス契約や特別償却等は対象にならないなどが代表的です。
ただ、これらのデメリットは購入前にすべて分かることであり、いきなり面喰ってしまうということはありません。
すでに稼働している発電所の36円や40円といった案件の購入を検討するのがひとつの方法です。
新品であっても中古であっても一長一短あるのは間違いありません。
太陽光投資を行うにあたって、どちらも視野に入れた方がよいといえるでしょう。
いきなり大きな値下がりをすることはないものの、制度や仕組みが変わることもないわけではありません。
新品に比べると中古の方が手堅く、安定を重要と考える人にとって魅力的といえるでしょう。
いずれにしても、大きな経済的な負担となるため、行き当たりばったりの対応はいけません。
専門業者に相談して詳細を把握したうえでの決断をしましょう。
まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.