太陽光投資における太陽電池の劣化について

太陽光投資を始める前に知っておきたい太陽電池について

太陽光投資を始める前に知っておきたい太陽電池について

太陽光投資を始める上で、太陽電池についての知識を身につけておくことが大切です。 なぜなら、太陽光発電システムの中心になっているのが太陽電池だからです。 太陽電池は太陽の光エネルギーを吸収し、直接電気に変換するエネルギー変換素子で、シリコンなどの半導体で作られています。 この半導体が光に当たることで、日射強度に比例して発電する仕組みです。 現在、最も多く使用されている太陽電池はシリコン系太陽電池とされており、この太陽電池は電気的な性質の異なるp型とn型の2種類の半導体を重ね合わせた構造をしています。 太陽電池に太陽の光が当たると、電子(-)と正孔(+)が発生して、正孔(+)はp型半導体へ、電子(-)はn型半導体側へ引き寄せられます。 表面と裏面につけた電極に、電球などの負荷をつなぐと電流が流れるのです。

太陽電池の劣化

太陽電池の劣化

太陽電池の仕組みを理解した後は、劣化についても知っておきましょう。 結晶系太陽電池と薄膜太陽電池の劣化について報告されており、薄膜太陽電池はアモルファスシリコンとCIGSが報告されました。 アモルファスシリコンは劣化のある太陽電池であるため、これまでほとんど使用されていませんが、5年間で5、6%の劣化が確認されています。 CIGS太陽電池は劣化がないと言われていますが、5年で3、4%の劣化が確認されているのです。 単結晶太陽電池はさらに劣化しやすい傾向にあります。 結晶系の中でもバックコンタクトやPERCは新しい技術を用いた太陽電池です。 設置されている期間が短いですが、劣化が見られており、半年ほどで数%の劣化があるようです。 PERCの劣化は光誘起劣化として報告されており、バックコンタクト以上に電極構造が細いため、さらに高い製造技術が必要だと言えるでしょう。 太陽光投資をする上で、太陽電池の劣化はとても気になる問題ではないでしょうか。 今後も新しい技術が開発され、劣化しにくい太陽電池が登場することが期待されます。 太陽電池にも様々な種類があるため、これから太陽光投資を始めようと考えている人は太陽電池の劣化について情報を集め、適切なものを選ぶようにしましょう。
まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.