太陽光投資の失敗事例から学ぶ、成功のための秘訣

情報不足は失敗につながる

情報不足は失敗につながる

太陽光投資で収益を得て、後悔したくない人が多いのではないでしょうか。 高額な費用をかけて設備を導入するため、失敗したくないと思うものです。 太陽光投資を失敗したという人には、共通点があります。 後悔しないために、失敗事例を知っておくことも大切なことです。 失敗事例から学び、対策をすることで、太陽光投資でのリスクを減らすことになります。 よくある失敗事例の一つは、相場とかけ離れた価格で買うことです。 太陽光投資にも適正価格があります。 対策としては、価格と品質の関係を知ることです。 価格には、その価格である理由があります。 適正価格を知り、それに見合った対価を支払うことで、失敗のリスクを低くすることが可能です。 情報量が少ない人に対して、割高で買わせる業者も少なくありません。 また、相場よりも安すぎるものは品質に問題がある可能性があります。 太陽光投資を始める前に、必ず適正価格などを調べましょう。

業者との認識のズレに注意する

発電シミュレーションと事業シミュレーションのポイント

発電シミュレーションを業者に依頼したときは、必ず根拠を確認してください。 計算方法や、どのような根拠に基づいているのか確認することで、業者が出した発電量の信憑性がわかるでしょう。 発電シミュレーションの落とし穴は、発電量損失です。 多くの発電シミュレーションは、影による発電量損失が含まれていません。 建物、木、山、電柱、鉄塔、フェンスなどによる影は、それぞれ場所ごとに異なります。 初めて太陽光投資を始める際は、シミュレーションが適正かどうか判断しにくいですが、設備全体の年間発電量をパネルの設置容量で割って、1,200kWhを超えている場合は、疑った方が良いでしょう。 事業シミュレーションは、20年間の収支計画が記載されており、太陽光投資でどれくらいの収益が見込めるか、わかるものです。 業者によっては、1年間の売電収入×20年間から導入費用を引いて出すこともありますが、あてになりません。 経年劣化による発電量の低下や、ランニングコストを考慮する必要があります。 そのため、事前に設備が故障することを見込んで収支シミュレーションをする必要があります。 このようにシミュレーションは、太陽光投資の意思決定をする大きな要因になります。 発電シミュレーションと、事業シミュレーションの2つを抑えて、失敗しないように運営していきましょう。
まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.