太陽光投資における義務化された標識の設置について

義務化されている標識の設置

情報不足は失敗につながる

太陽光投資は、義務化されているものがたくさんあります。 例えば、標識の設置です。 20kW以上の太陽光発電は、標識の設置が義務化されています。 屋根設置は対象外ですが、20kW以上発電出力がある野立て太陽光発電所は標識を設置しなければなりません。 標識を設置しなければならない理由は、故障や事故が発生したときに、連絡する管理責任者を明確にするためです。 しかし、実際に標識を設置するときに、記載内容や仕様について迷うのではないでしょうか。 標識の記入項目は多くありませんが、いざ準備をしようとすると、わからない部分があります。 スムーズに太陽光投資の準備を進めるためにも、義務化された標識の記載内容について知っておきましょう。

標識に記載する11項目

標識に記載する11項目

標識に記載する項目は11個あります。 項目とルールを確認しておきましょう。 記載項目は、発電設備の区分、名称、設備ID、所在地、発電出力、発電事業者の氏名、住所、連絡先、保守点検責任者の氏名、連絡先、運転開始年月日の11項目です。 運転開始年月日は西暦で記載してください。 記載時のルールは、認定された事業計画通りに記載することです。 認定された事業計画に表示されている内容と、実際に運用している内容が異なる場合は、一致させるために変更認定申請や、事前変更届出などの手続きが必要になります。 太陽光投資は、長期で運用するのが一般的です。 そのため、オーナーや保守点検責任者が途中で変わることも少なくありません。 変更があった場合は、速やかに変更届出を行い、認定設備の情報も書き換えてください。 また、標識の記載内容以外にも満たさなければならない2つの規定があります。 それは、寸法と耐候性です。 標識の寸法は、縦25cm横35cm以上と指定されており、屋外仕様で作られた耐候性のある標識を購入する必要があります。 常に外気にさらされている状態であるため、風雨によって劣化や文字が消えることがないように適切な材料を選んでください。 素材は指定されていませんが、アルミ複合版に紫外線対策が施されているものや、ステンレス製が一般的です。 これらのルールを守り、適切に標識を設置しましょう。
まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.