土地買取で遊林地を活用

遊林地の土地買取について

遊林地の土地買取について
林地を相続で受け継いだという方や、投資目的で購入しても何もせずに遊ばせてしまっているという方もいるのではないでしょうか。
遊林地とは、手入れされていなかったり、手入れができなかったりする林地のことを指します。
遊林地となってしまっている土地は、宅地などに比べると固定資産税はそこまでかからないとされていますが、毎年固定資産税を支払う義務があるため、所有しているだけで金銭的な負担となってしまいます。
何も使用目的がない遊林地であれば、土地買取を検討しましょう。
土地買取を利用することで、遊林地は産業用太陽光発電に利用されるケースが増えています。
そのため、遊林地を売却しやすいかもしれません。
産業用太陽光発電は、太陽光を利用した発電となっており、投資目的で行われています。
太陽光発電で発電した電気は、国の制度を利用し、長期間固定価格で買取をしてもらうことができるので、安定した収入を得ることができるのです。
周りに太陽光を遮るようなものがなく、日当たりがいい場所であれば発電することができるため、遊林地を活用するには最適と言えるでしょう。

土地買取のメリットを知ろう

土地買取のメリットを知ろう
遊林地をただ所有しているだけでは、固定資産税など負担となってしまうので、土地買取を検討してみてはいかがでしょうか。
国の制度を利用した産業用太陽光発電が注目を集めており、投資として人気があります。
太陽光投資は、20年間安定した収入を得られるということで、リスクが低いとされているのです。
しかし、自分で遊林地にソーラーパネルを設置し、太陽光発電を行おうとすると、設備を整えるまで様々な費用がかかるため、難しいのではないでしょうか。
その際は土地買取を利用し、業者に買い取ってもらうことで、遊林地を早期売却できるというメリットがあります。
また、土地買取は、なかなか売れにくい土地であっても買取が可能であったり、仲介手数料なども発生しなかったりなど様々なメリットがあるのです。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.