土地買取における業者の選び方

使用していない土地を売却したい

使用していない土地を売却したい
相続した土地や財産分与のため土地を売却したいなど、使用していない土地を売却したいと考えている方も多いのではないでしょうか。
土地買取を検討している際には、土地買取を行っている業者について知っておきましょう。
使用目的のない土地は、毎年固定資産税がかかり負担となってしまいます。
土地を売却する際には、2種類の方法があります。
まず、1つ目として挙げられるのは、業者を仲介して土地を売却する方法です。
仲介の場合は、業者が土地を売却したい人と、土地を購入したい人を探してそのやり取りや手続きを代行してくれます。
そのため、探している間待つ必要があるため、すぐに買い手を見つけることは難しいでしょう。
都心であったり、人気な地域であったりする場合はそれほど待たなくても買い手を見つけられますが、都心や駅から離れている場合はすぐに見つけるのは難しいです。
また、業者が仲介を行って取引をするため、仲介手数料として業者に支払う必要があります。
業者によっても手数料は異なるため、事前に確認しておきましょう。

土地買取とは

より高く売却するには
2つ目として挙げられるのは、業者に土地を買い取ってもらう方法です。
土地買取の場合は、買い手を探してもらうわけではなく業者に直接買い取りをしてもらう方法になるため、仲介のように買い手が見つかるまでの期間待つ必要がありません。
すぐに土地の売却した現金を受け取ることができるので、短時間で土地の売買を終わらせたいという人にはぴったりではないでしょうか。
また、業者に直接土地買取をしてもらうため、手数料を支払う必要がないのもメリットでしょう。
しかし、土地買取の場合、仲介で売買する価格より安価になってしまう恐れがあるため、事前に複数の業者から査定してもらうことをおすすめします。
都心から離れた土地の場合、買取が難しい場合もありますが、産業用太陽光発電を行う土地として探している業者もいます。
太陽光発電は、国の固定買取制度を利用した投資として注目を集めているのです。
そのため、都心から離れていても日当たりがよく、周りに太陽光を遮るものがなければ売却をすることが可能でしょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.