使用していない土地のリスクを減らす土地買取

使用していない土地のリスクを知る

使用していない土地のリスクを知る
相続した土地や、建物といった使用していない不動産を所有しているだけで、様々なリスクを抱えることになります。
遠方で今後住む予定がなかったり、すでに住宅を購入していたりなど理由は様々ですが、相続した土地や建物を放置するリスクについて知っておきましょう。
まず、リスクとして挙げられるのは、固定資産税を収める必要があることです。
使用していなくても、所有しているだけで固定資産税は収める必要があるため、使用目的がないのであれば無駄になってしまうのではないでしょうか。
また、使用していない土地は、ゴミなどを不法投棄されたり、草木が生い茂り除草を行うには費用がかかったりなどのリスクも挙げられます。
他にも、空き家の場合は人が住んでいるときと比べて老朽化が早いとも言われており、修繕費もかかります。
修繕せずにそのまま放置していると、倒壊などの危険性もあるのです。
倒壊以外にも、空き家は放火などの犯罪被害に遭いやすく、責任問題に発展してしまうかもしれません。

土地買取でリスク回避を

土地買取でリスク回避を
使用していない土地や、今後使う予定のない不動産を所有しているのであれば、土地買取を検討してみてはいかがでしょうか。
土地買取とは、業者に仲介してもらうのではなく、業者に直接買い取ってもらいます。
そのため、土地買取では買い手が見つかるまで待つ必要がありません。
都心に近い土地であれば、人気があるので買い手も見つかりやすいですが、駅から遠かったり都心から離れていたりすると、買い手が見つかるまで時間がかかることもあるでしょう。
相続した土地で、財産分与が必要な場合など、すぐに分割したい場合は土地買取が特におすすめできます。
都心から離れた売りにくい土地であっても、産業用太陽光発電に活用することができるので注目されています。
今後使う予定のない土地であれば、所有しているだけで負担となってしまうので、土地買取を検討しましょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.