農地を土地買取してもらう際の手続き

農地の土地買取は難しい

農地の土地買取は難しい
土地は資産運用することもできますが、農地である場合、土地買取は難しくなってしまいます。
農地は宅地と地目が異なるため、そのままでは農業にしか活用ができません。
そのため、買い手が農家や農業に興味のある人しか期待できないのです。
農業は、近年注目を集めるナチュラルな生活スタイルである一方、全体から見ると行っている人が少ないというのも実際のところです。
さらに、農地法による売買制限が伴うため、許可を得るのが容易でありません。
国が食糧自給率を下げないために、厳しい条件を設定しているためです。
また、原則農業委員会の許可手続きを経なければならないというのもハードルが高く感じられる条件の一つでしょう。
基本的に、農地の管理はそこまで負担が大きくありません。
宅地と比べると、固定資産価格は1平方メートルあたり30~100円程度となっており、固定資産税が少額に収まりやすいのです。
しかし、市街化区域に関しては宅地並みの課税が求められるケースもあります。
土地買取を活用し、農地を売却したいと考えている人もいるのではないでしょうか。
その際に必要な手続きについて知っておきましょう。

農地を宅地に転用する手続きについて

農地を宅地に転用する手続きについて
農地を宅地への転用手続きを行い、農地として売る場合の許可条件から開放される方法です。
宅地の土地買取であれば、農家や農業に興味のある人以外の需要にも期待できるでしょう。
地目の転用条件としては、不動産会社や土地家屋調査士に依頼して行う地目変更登記が挙げられます。
立地基準と一般基準の2条件をクリアすることで、転用手続きできる可能性が高まります。
しかし、第二種、第三種の条件に該当する農地でなければならないという条件も伴うため、必ず許可が下りるとは限りません。
ただ、市街化区域に関しては、許可が不要となっており、農業委員会への届出のみで手続きできます。
いくつかの手順は必要になりますが、転用することでより土地買取してもらいやすくなるでしょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.