崖地の土地買取について

崖地の土地買取とは

崖地の土地買取とは
崖地といっても、明確な定義はないと言われています。
ただ、平地と比較したときに崖崩れや、地震被害に遭う危険性が高まるというのも事実です。
しかし、建築基準法では、定義がされているわけではないですが、崖に近いことで被害が起こりやすそうな場合は、安全上適当な措置を講じなければならないと定められています。
また、一部都道府県の条例でのみ、「30度を超える傾斜地」と定めている場合もあります。
そのため、崖地の土地買取とは、崖崩れなどによる被害を受ける危険性がある、30度を超える傾斜地の買取と考えることができるでしょう。
立地上、このような危険性があることから、崖地の土地買取は安い金額になりやすい傾向があります。
土地の売却を検討している際には、少しでも良い金額で手放したいと考えるのではないでしょうか。
崖地という立地には、土地買取を利用することで、安い金額に評価されないケースもあるため、知っておきましょう。

崖地を少しでも良い金額で売却するには

崖地を少しでも良い金額で売却するには
崖地が安い評価を受けやすい理由として挙げられるのは、事業に役立てにくいためです。
施設や家を建てる際に、崖地は危険性があるため、運用が難しいと言われています。
しかし、崖地は全く需要がないのかと言うとそうでもありません。
崖地を専門に取り扱う、もしくは得意とする土地買取業者を選ぶことで、安いどころかより良い評価にも繋げられるでしょう。
擁壁などを使った対策や、崖地という立地を活かした運用も心得ているため、買取価格が期待できます。
近年、太陽光発電を利用した土地活用も注目されているため、崖地であっても日当たりが良ければ、投資用の土地として活用することもできるでしょう。
土地買取は、仲介に入るわけではなく、業者が直接買い取ってくれるため、買い手が見つかるまで待つ必要がありません。
今後使用する予定のない土地であれば、土地買取を検討してみてはいかがでしょうか。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.