土地買取の際に起こり得るトラブル事例

売却前後のトラブル事例

売却前後のトラブル事例
土地を売却する際には、大きなトラブルが起こり得るため、トラブル事例を参考に、避けることができるよう意識しておきましょう。
まず、土地の売却前であれば、土地の名義についてです。
親の土地を引き継いだものの、名義を変更しておらず、スムーズに売却できなかったといったトラブル事例は少なくありません。
予め登記簿の所有者名を確認して避けるようにしましょう。
また、土地の境界をしっかり定められているかもポイントです。
境界がどこまでなのかで、揉めてトラブルになったといった事例もあります。
そのため、資格を持った測量士に依頼し、正しく示してもらいましょう。
売却時や完了後も、トラブルを避けるように気をつけることも大切です。
売却価格から契約日、契約者名、手付金、契約物件住所、取引完了日、物件引き渡し日、住宅ローン審査完了日、登記の状況など、契約書の項目は多岐に渡ります。
細部までしっかり確認しておくことがポイントになります。
また、購入希望者から契約外の柔軟な対応を相談された場合のトラブルもありますが、対応しないことがおすすめです。
契約外の行動を勝手にとってしまうと、そもそもの契約が無効になるというトラブルに繋がる恐れがあるためです。

悪質な業者によるトラブル事例

悪質な業者によるトラブル事例
土地売却に関するトラブルは、売り手と買い手の間だけに留まりません。
悪質な業者の不正な手口によるトラブルというものも事実存在します。
トラブル事例を知って、避けることができるよう心構えをしておくことがポイントとなります。
例えば、業者が別の仲介業者と手を組んで、安い査定額で土地買取契約を結ばされるケースです。
2社が言葉巧みに騙してくるので、つい口車に乗せられてしまうケースが多いのではないでしょうか。
他にも、購入希望者断念に伴い、相場より大幅に安い価格で土地買取をすすめられる、高額な測量代を求められるといった事例もあるため、気をつけましょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.