バイオマス発電の仕組みとは

バイオマスの仕組みと方式

バイオマスの仕組みと方式
近年、大きく注目されるようになってきたのが、再生可能な資源を使ったエネルギーでしょう。
バイオマス発電もその一つですが、まだまだ理解されていないところがあります。
バイオマスとは、動植物等の生物から作り出される有機性のエネルギー資源で、一般に化石燃料を除くものです。
バイオマス燃料を燃焼させることによって発電する方法であり、火力発電の一種になります。
バイオマス発電は、木材などを使って熱を作り出し、水を温めて、水蒸気を作り出し、発電タービンを回す仕組みです。
この燃焼方式は、一般的な火力も同じ原理になりますが、バイオマス発電の場合には、下水汚泥や家畜の糞尿といったものを発酵させることで発生する、メタンガスを燃焼させて使います。
バイオマス発電は燃やす燃料とその燃焼方法によって、大きく3つの種類に分かれます。
1つ目は、バイオマス燃料を直接燃焼して蒸気タービンを回す直接燃焼方式です。
2つ目は、燃料を熱処理することでガス化し、ガスタービンを使って燃焼させることで発電を行う熱分解ガス化方式になります。
3つ目は、燃料を発酵させるなど、生物化学的にガスを発生させ、そのガスをガスタービンで燃焼させて発電する生物化学的ガス化方式です。

燃焼させる燃料の近くが理想

燃焼させる燃料の近くが理想
一般的に太陽光発電や風力発電、水力発電は場所という条件が重要になります。
土地買取という面でも、条件を満たさなければいけません。
しかし、バイオマス発電の場合には土地買取という面では、かなり自由度が高いといえるでしょう。
原料にするもので違いはありますが、ごみを主燃料とする場合には、ごみ処理場の近辺の発電所が適切です。
燃料の調達コストや、輸送コストをなるべくかけずに、発電を行うことができます。
間伐材が原料になる場合には、木材事業所の多い土地が適所です。
しかし、発電した電力は電力会社の系統に接続する必要があるため、単純に燃料調達地のそばであればよいというわけではなく、電力系統に接続しやすいことも大きいポイントです。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.