土地買取の査定ポイントとは

土地買取の査定に影響する要因とは

土地買取の査定に影響する要因とは
土地買取をしようとする人の中には、土地の価格がどのようなポイントで査定されているのか知りたい人も多いです。
査定における、いくつかの要因やポイントを知っておきましょう。
土地売却における査定ポイントの一つは面積です。
土地は用途地域によって評価が異なり、第一種・第二種低層住居専用地域と呼ばれるような広い土地は、戸建分譲の開発素地と見なされ、土地単価が下がる傾向にあります。
しかし、容積率が200%以上、可能な広い土地の場合は、マンション建設などの高度利用が可能となるため、逆に土地単価は上がる傾向にあるのです。
次に、地形も査定に影響する大きいポイントになります。
形が悪い土地は価値が下がり、旗竿地などは、旗竿状の敷地部分は利用価値が低いため、その分の価値が下がります。
広い土地であれば、多少地形が悪くても、それほど価値は落ちません。
土地の広さによって、地形の影響があり、査定のポイントになります。

土地買取は土地の状態も重要

土地買取は土地の状態も重要
土地買取の査定に関わるポイントは他にもあります。
土地の高低さも査定のポイントです。
道路より低い土地の場合は、価値が下がる傾向にあります。
そのような土地は、公道への排水もポンプアップする必要があり、余計なコストがかかるためです。
また、道路より高い土地も、生活のために階段を設置する必要があるため、利便性が悪いので、査定に影響があります。
また、前面道路の幅員も土地の査定に関係があるのです。
基本的には、道路幅員が狭い方が土地の価値が下がる傾向になります。
前面道路は接面状況も査定に影響があり、南東向きの角地が最も価値が高いです。
土地買取の査定は、間口と奥行きの関係も重要になります。
土地は間口の広い方が、使い勝手や自由度が高いため、査定が高いです。
一方で、間口が狭く、奥行きの長い土地というのは、利用がしにくく、査定は下がります。
土地買取の査定ポイントを把握して、適切な査定を見極めるようにしましょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.