土地買取と固定資産税の関係性

土地を売却するときの固定資産税の問題

土地を売却するときの固定資産税の問題
土地を売却する場合には、清算が必要になる場合があります。
清算の代表的なものが固定資産税です。
清算とは、固定資産税は土地を所有している人に、納税の義務が発生することになります。
納税義務者は1月1日現在の所有者であるというところが重要です。
固定資産税の納付は、通常、4月、7月、12月、翌年の2月の4回に分けて行われますが、売買の後も当年の納税通知書は、賦課期日時点の所有者に送付されることになるのです。
固定資産税等の納税義務者は、1月1日での所有者となるため、1月1日から12月31日の間に不動産の売却が行われても、その年の納税義務者が期中で変更されることはありません。
しかし、途中で土地買取が行われ、所有者が変更する場合もあるでしょう。
所有者ではないのに、固定資産税等と支払わなければならないため、そのような時に売主と買主との間で、固定資産税等を引渡時点で日割りとし、売買金額の中で調整を行うことが清算になります。

納税分だけは細かく清算する

納税分だけは細かく清算する
土地買取では清算が行われる場合があるので、精算方法を知っておきましょう。
固定資産税の納税義務者は1月1日での所有者になるため、清算は12月31日までの所有期間で日割り計算をすることが多いです。
仮に、固定資産税が10万円で、半年後に土地買取が行われた場合には、買主は追加で半年分の固定資産税等である5万円を売主に支払い、支払総額に上乗せするというのが固定資産税の精算になります。
清算は土地買取の固定資産税だけに限らず、多岐にわたり行われます。
オフィスなどの買取の際には、光熱料の支払いや駐車場の支払いなども清算の対象になるのです。
しかし、清算を行うのは義務ではないため、売主と買主との間で、細かいところまで精算するのが面倒という話になれば、一部の項目については精算するのをしないこともあります。
精算は義務ではありませんが、固定資産税等の場合は、精算をしないと売主が不利になるのです。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.