土地買取と抵当権について

土地買取に関わる担保と抵当権の確認

土地買取に関わる担保と抵当権の確認
土地には、抵当権が設定されていることがあります。
住宅ローンを組むときなどに、担保としている状況が多いからです。
抵当権とは、住宅ローンを借りている債務者が、不動産などを自分の手元にとどめたまま債務の担保として提供し、債権者がその担保物件から優先的に弁済を受けることができる権利になります。
しかし、抵当権がある土地の買取をする場合には、抵当権を抹消する必要があるのです。
抵当権は、基本として完済してしまわなければ、抵当権を抹消することができません。
抵当権が付いたまま、所有者が変わると、仮に前の所有者が住宅ローンを返せなくなった場合、抵当権が実行されてしまいます。
そのようなことがあっては、新しい所有者は困るため、抵当権付の不動産は誰も買わないのです。

確認するためには登記簿謄本を

確認するためには登記簿謄本を
土地買取を行うときには、抵当権の有無を確認する必要があります。
抵当権が設定されていたとしても、その土地を貸すことも、売ることも可能なのです。
万が一、買取した土地に抵当権が付いていたら、売主が返済を滞らせた場合に、抵当権の実行により債権者から競売にかけられ、買主が所有権を失う恐れがあります。
そのようなことにならないために、土地買取の際には、抵当権の確認をおこないまししょう。
仲介業者がいる土地買取の場合には、事前の確認はしていますが、自分でも確認することができます。
それは、登記簿謄本です。
登記簿謄本に抵当権の内容を記載することを、抵当権設定登記と言い、登記簿謄本から抵当権の内容を削除することを、抵当権抹消登記と言います。
登記簿謄本は、法局でお金を払えば本人以外でも閲覧できますので、住所やいくらのローンを組んでいたのかという情報まで、誰でも見ることができるのです。
抵当権が付いた不動産を購入する場合は、抵当権抹消が可能かどうか、また、もしもの場合に、どのような方法が講じられているのかを、事前に確認することが必要になります。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.