バイオマス発電の燃料調達について

バイオマス発電の燃料について

バイオマス発電の燃料について
これからバイオマス発電を導入しようと検討している人は、燃料調達についてしっかりと考えていかなければなりません。
バイオマス発電には様々なメリットがありますが、一番の問題は安定した燃料調達です。
安定した燃料調達ができれば、バイオマス発電はさらに普及するでしょう。
しかし、燃料調達は非常に難しい問題だとされています。
日本は資源を持たない国であるため、燃料がほとんどありません。
そのため、海外から化石燃料などの輸入に頼らなければならない状態です。
近年、再生可能エネルギーの中でも太陽光発電が注目を集めていますが、安定という面では弱点を抱えながらも、火力発電などの海外から輸入した燃料を使用した発電を減らすことができました。
しかし、不安定な太陽光発電だけでなく、今度は安定した他の再生可能エネルギーも導入していく必要があります。

バイオマス発電は安定した燃料確保が重要

バイオマス発電は安定した燃料確保が重要
バイオマス発電の燃料には様々なものがありますが、発電量が高く、注目されているのが「やし殻」です。
世界中からバイオマス発電の燃料として注目を集めていますが、日本にはヤシの木がほとんどないため、やし殻を調達するためには輸入に頼るしかありません。
日本が再生可能エネルギーを推進する目的は、エネルギー自給率を高めるものであるため、重油と同様に海外からの燃料調達に頼ってばかりでは、再生可能エネルギー本来の目的に沿っていないことになります。
そのため、海外輸入に頼らずに国内をベースに燃料を調達し、海外からの燃料調達は万が一の場合として考える必要があるでしょう。
バイオマス発電の燃料は、やし殻以外にも家畜の糞尿、残った食品、間伐材、廃材です。
国内でも調達できる燃料です。
太陽光発電とは異なり、バイオマス発電は24時間稼働させるものであるため、燃料が調達できなくなると発電が停止してしまいます。
いかに安定して燃料調達を行っていくのかが、重要な鍵となっていくのではないでしょうか。
バイオマス発電は燃料調達がとても重要です。
国内でできる限り燃料を確保する方法を考えていかなければなりません。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.