土地買取における建物解体との関係性

土地買取は更地が有利?

土地買取は更地が有利?
土地買取に出す際に、建物を解体した方が良いのか迷っている人もいるのではないでしょうか。
税金の面では建物解体をしてから土地買取した方が得だと言われています。
その理由は、土地買取に関していくつかの項目で経費計上が認められており、その中に解体費用も含まれるからです。
土地の境界を調べる測量費も、経費として計上することができます。
節税対策をしたい人は建物解体を行ってから土地買取をすると良いでしょう。
また、更地の方が買い取ってもらいやすい傾向にあります。
個人に売る土地売却と異なり、土地買取は業者に売ります。
そのため、商業地にある大きな更地であれば、オフィスビルやマンションを建てるなど、様々な用途のために土地を買い求める業者が多いです。
建物解体に余計な手間をかけずにすぐ利用できる更地の方が買取の決断するのも早くなるでしょう。

建物解体しない方が良い時もある

建物解体しない方が良い時もある
建物解体をせず古家付きの土地が土地買取で有利になることもあります。
更地では建物を建てたときどの程度の大きさになるのか、日当たりなどイメージがつきにくいですが、既に古家が建っていればイメージが鮮明となるでしょう。
また、リフォーム物件として活用したいと考える業者も少なくありません。
現在のリフォーム技術は非常に高く、新築と変わらない品質の物件にリフォームやリノベーションすることができます。
昨今の古民家ブームを受けて、古民家は人気です。
一般的な住宅として利用するだけでなく、古民家カフェや古民家ヨガ教室などで利用したい人もいます。
そのため、希少性があり価値が高くなることがあるのです。
このように、土地を手放す際に、更地にした方が良い場合と建物を残しておいた方が良い場合があります。迷った際には、一度、業者に相談してみてはいかがでしょうか。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.