バイオマス発電におけるトラブルとは

トラブルの8割は燃料の品質が原因

トラブルの8割は燃料の品質が原因
バイオマス発電を検討している人は、発生しやすいトラブルについて知っておきましょう。
発生しやすいトラブルは木質バイオマスボイラーの導入後の故障です。
トラブルが発生する多くの原因は燃料の品質だとされています。
8割は燃料の品質が原因でトラブルが発生しているため、木質バイオマス燃料の供給者とボイラーの利用者の双方に燃料の品質に対する理解が求められているのです。
バイオマス発電の燃料品質によるトラブルを回避するためには、ボイラーと燃料の相性が重要になります。
トラブルなくバイオマス発電を運用するために燃料用木質チップの品質基準が設けられました。
この基準は原料や状態に応じた4つのクラスに分類されており、クラス1は、幹や全木、未処理工場残材です。
クラス2は、クラス1に加えて枝条、末木などです。
クラス3はクラス2に剪定枝等樹皮、未処理リサイクル材と加えたもので、クラス4はクラス3に化学処理工場機材と化学処理リサイクル材が加わったものです。
品質を判断する項目は原料、形状、サイズ、水分、灰分、環境リスクの5つがあります。
品質基準を策定することによって、木質チップの利用者側も生産者側もお互いに燃料について理解できるでしょう。
バイオマス発電を始める前に、燃料のクラス基準についてもしっかりと把握しましょう。

システム導入でトラブルを未然に防ぐ

システム導入でトラブルを未然に防ぐ
バイオマス発電の燃料だけでなくシステムの導入もトラブルを未然に防ぐために重要です。
大分県と福島県のバイオマス発電所では発電設備の保全業務をネットワーク型のITシステムで管理しています。
設備台帳や点検結果などの情報をベースにトラブルを未然に防ぐための保全計画を策定できるのです。
バイオマス発電所は1日24時間連続運転を行い、年間に330日以上も稼働します。
発電所の設備全体をネットワーク型のITシステムで管理するだけでなく、木質バイオマス発電所すべて同じシステムで管理することも重要です。
トラブルは発生してからでは遅いため、トラブルを未然に防ぐ対策をしなければなりません。
バイオマス発電を検討している人は、トラブル対策についても考えましょう。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.