狭小地の土地買取について

狭小地は土地買取が難しい

狭小地は土地買取が難しい
狭小地は土地が小さいため、土地買取が難しいといったイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。
狭小地とは、20坪以下、または15坪以下の狭い土地のこと言います。
面積が小さいため価格が安いといった特徴がありますが、三角や台形などの特殊な地形であることも多く、駐車場スペースがなかったり、使い勝手悪かったりするため需要が低いです。
現在は、敷地面積の最低限度規制が設けられており、小さな戸建ての開発ができないようになっています。
しかし、既存の狭小地は適用されない救済措置があるのです。
ただし、敷地面積の最低限度が指定された後に分割して狭小地となった場合には、建て替えができないため注意しなければなりません。
東京など密集市街が多いエリアは、狭小地がたくさんあります。
使用していない狭小地を持っている人もいるでしょう。
有効活用が難しいため、土地買取をしたいと考えますが有効活用ができない土地は、売却もしにくいです。

狭小地もニーズがある

狭小地もニーズがある
狭小地は建物建築が難しいため、個人での買い手が少ない傾向にあります。
個人ではなく、業者であれば土地買取が成功する可能性があります。
狭小住宅の建築やリフォームを得意とする業者が増えてきており、そのような業者に買い取ってもらうことで、すぐに現金決済をしてもらえたり、土地建物の瑕疵担保免責の条件が付いてきたりするなどのメリットがあります。
特に、東京の狭小地は土地買取をしてくれる業者も多いです。
それは、土地としての価値が高く、交通インフラが整備されており、駐車場がなくても問題がないからです。
ローコスト住宅が持てる狭小地は東京において十分なニーズがあります。
また、狭小地に建てられた住宅は狭小住宅と呼ばれ、オリンピック開催決定から都市部では地価が上昇傾向となり、さらに狭小住宅のニーズが高まっています。
しかし、接道に問題がある土地、再建築不可の土地、建物が小さくなってしまう既存不適格の物件は土地買取ができません。
使用していない狭小地を持っている人は、土地買取業者に相談してみてはいかがでしょうか。

まずはこちらをクリック!ソーラーシティジャパン7つの最大の魅力
土地・屋根貸しLP メンテナンスLP

Copyright © 2017 SCJ All Rights Reserved.